診療所薬剤師の仕事内容は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の仕事内容は?

診療所薬剤師の仕事内容は?

薬剤師の転職先には病院や調剤薬局、ドラッグストアや独立行政法人など様々な業界が考えられます。薬剤師の転職先の中には、診療所も選択肢として挙げられますが、人気がある職場として求人に対する倍率も高くなっています。診療所といっても名称は、○○クリニック、○○医院などと称しているところもあります。規模は一般病院に比べると小さい医療機関だと言えます。中には調剤機能を内包したところもあり、こうした診療所では、薬剤師の募集を行なっています。また、大企業など一部の会社では、自社ビル内に診療所を設けている場合もあります。このような診療所では、社員の利便性を考えて、検診から薬の処方までのすべてを1ヶ所で完結させる理由から、調剤機能も備えており、それに伴って薬剤師の募集もしています。

診療所の薬剤師の仕事内容は病院や調剤薬局で働く薬剤師とほとんど変わりません。業務内容の大半は、医薬品の調剤ということになりますが、単に調剤だけを淡々と行えばよいわけではありませんので、医師が書いた処方箋に不備がないかをチェックし、処方された薬の内容、患者の保険番号や有効期限の確認、さらには、重複投薬や相互作用の恐れがないかなどのチェックも怠ってはいけません。こうした一連の確認作業も極めて重要な役割です。こうしたことも含めて診療所での薬剤師としての業務をしっかりと全う必要があります。

また、近年はジェネリックなどの医薬品などが普及してきていますので、こうした医薬品の知識を蓄えて、患者に対して適切な説明をすることも求められてきます。企業内に設置されている診療所であれば、一般的な診療所とは異なり、従業員の健康管理に必要な医薬品の調剤を行なったり、企業内で使用する薬剤の管理を行なったりすることも業務として加わります。診療所における業務は一般病院やドラッグストアなどと比べると大変です。なぜなら、少ない薬剤師の人員で日々訪れる患者の薬を調合しなくてはならないという理由があるからです。

病院であれば薬剤師の人数も比較的多く、薬剤師一人が処理する1日の処方箋の件数も規定が設けられていることが多いです。しかし、診療所の場合はそういった規定がないところがほとんどです。日によって患者数もバラつきがあるわけですが、外来患者数が多い日ともなると扱う処方箋の件数もそれだけ多くなり大変です。1人の薬剤師にかかる負担が一般病院や調剤薬局に比べると大きいという特徴があります。しかし、忙しさに見合った給料が保証されているという面がメリットしてあります。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.