診療所薬剤師の年収相場は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の年収相場は?

診療所薬剤師の年収相場は?

薬剤師の転所先としては病院や診療所、ドラッグストアや調剤薬局などが一般的ですが、その中の一つである診療所薬剤師へと転職しようか悩んでいる人にとっては、その年収相場が気になるものです。薬剤師全体の平均年収は500万円前後だと言われていますが、診療所に勤務する薬剤師の平均年収は450万円前後だと言われています。これはあくまでも平均値ですから、診療所に転職するのが初めての薬剤師としての勤務なのか、それとも、病院や調剤薬局などでの勤務経験があるのかによっても、この平均年収よりも低くなることもあれば、大きく上回ることもあります。

ただし、薬剤師という職種は人材不足傾向にあり、様々な業界から重宝されていて、高待遇で迎え入れられることがほとんどですから、診療所の薬剤師の年収が400万円を下回ることはほとんどありません。月給が低く抑えられていたとしても、ボーナスがしっかり支給され、そこで年収の調整が行われることが多いです。

診療所の年収は、同じ診療所(○○クリニックや○○医院と名乗っている場合もあります。)という医療機関でも、地域やその規模によっても年収額が異なってきます。一見、外来患者のみの対応を行なっている比較的規模の大きな大都市部の診療所と、地方の小規模の診療所を比較した場合、前者の方が圧倒的に年収が高いのではないかと思われがちですが、けっしてそんなことはありません。もちろん、全国を探し回れば、大規模診療所で年収がゆうに平均相場を上回るところもあれば、地方の小さな診療所で、年収が平均相場よりもかなり低いところもあることでしょう。しかし、これはまれなケースで、一般的には、診療所の年収は、地方で規模が比較的小さなところのほうが高い傾向にあります。

その理由としては、地方の小規模診療所では、薬剤師の確保が難しいという地理的条件が考えられます。多くの薬剤師が都市部で仕事を求める傾向があるので、調剤も行っている地方の小規模診療所では、薬剤師の確保に苦労しているところが多いのです。そのため、地方の小規模診療所では、薬剤師の報酬を高めに設定し、応募の吸引力にしているわけです。逆に、都市部の大規模診療所では薬剤師の数も多いので、一人あたりの報酬はそれだけ低く抑えられます。ですから、あなたが都市部の診療所での勤務にこだわらないのであれば、地方や郊外の診療所への転職をおすすめします。年収は相場以上でしょうし、求人に対する応募者も少ないので採用の可能性も高いからです。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.