診療所薬剤師の履歴書の書き方は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の履歴書の書き方は?

診療所薬剤師の履歴書の書き方は?

薬剤師の転職先の一つとして診療所が挙げられます。仕事に就くにあたっては面談や履歴書の提出といったことを必ずクリアしなくてはなりませんが、診療所薬剤師の履歴書の書き方としてはいくつかコツがあります。業務内容は一般病院や調剤薬局の薬剤師と同じように薬品を管理したり、医師から発行される処方箋を元に調剤を行なうことがメインになります。一般病院に比べると規模が小さいことが多い診療所のほとんどが院外に処方箋を出して調剤薬局などで薬を出すという事がほとんどです。しかし、比較的規模の大きい地域に密着した診療所では、処方箋を出さすに診療所内で直接薬を出すところもあります。

このような地域に密着したという特性を持っている診療所の状況を踏まえて、履歴書の内容に反映させていくことが重要になってきます。学歴や職歴は決まり事ですし、自分がなぜ診療所の薬剤師を志望するのかということをアピールする場は、志望動機などの一部の項目に限られます。しかも、履歴書の様式によっても若干異なりますが、たいていは、志望動機の欄といえどもそれほど大きなスペースがありません。したがって、要点のみを簡潔に記載することが求められます。

診療所薬剤師の履歴書に記載する内容の中で最も重要なことは、やはり、志望動機になります。この欄には、どうして自分が数多くある薬剤師の仕事先候補の中から診療所を志望するのかを簡潔に分かりやすく述べる必要があります。ポイントとなることは、診療所が地域に密着した比較的小規模な医療機関であるという事です。つまりは、診療所は地域社会の健康を支える重要な役割を担っているわけです。単に調剤業務を淡々とこなすだけではなく、薬を患者さんに渡す時に、服用の方法や注意点などをわかりやすく説明することが求められますし、また、副作用の可能性のある薬を出す場合には、そのことについても患者さんが必要以上に不安にならないようにうまく説明してあげることが大切になってきます。

このように、診療所薬剤師には一般病院とは異なり、患者さんとのコミュニケーションも非常に重要な業務の一環となってくるわけです。アットホームな小規模である故に、薬を出す時に患者さんとの会話は欠かせないと言ってもよいでしょう。ですから、履歴書では人とのコミュニケーションが好きであること、地域医療の重要性を認識していて、その実現のために自分も貢献できればと考えていることを自分の言葉で簡潔に記載することが重要になってきます。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.