診療所薬剤師の求人倍率は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の求人倍率は?

診療所薬剤師の求人倍率は?

薬剤師という職業は大変社会から重宝されているので、様々な業界から人材確保の競争が激しく、よほど高い条件を理想として抱いているのでない限りは、ほぼ確実に薬剤師としての職にありつけるという状況です。しかし、もしあなたが、薬剤師であれば何でも良いのではなく、どうしても診療所への転職を希望して仕事探しをしていく場合は、それだけ条件が絞られるのでできるだけ早期に転職活動を行なっていく必要があります。薬剤師の資格を持ってる人の転職先として診療所は人気が高くなっているからです。

診療所薬剤師の求人案件はたくさんありますが、どれも比較的倍率が高く、都市部の大きな診療所の場合は、10倍を超える場合もあります。倍率だけ見ると一見とても厳しそうに見えますが、決してそんなことはありません。あくまでも人気の診療所の場合の話であり、たとえ都市部の比較的規模の大きな診療所でも倍率が3、4倍前後の場合もあります。診療所の件数も多く存在するわけですから、特定の診療所にこだわらない限りは、どちらかの診療所への転職を成功させることはけっして難しい話ではないということです。薬剤師という人材は日本社会の中では不足しており、この傾向は今後も続くものと思われます。しかしながら、高齢化社会の進展に伴って病院はもちろんですが、地域医療をささえる診療所の役割もますます大きくなっていくので、診療所で働く薬剤師も今以上に必ずニーズが高まってきます。

こうした状況において、当面は薬剤師の求人は売り手市場が続きますので、病院や調剤薬局ではなく診療所での勤務を希望される薬剤師の方にとっても仕事を見つけやすい状況であることにかわりありません。診療所でも地方であったり、首都圏や関西圏など大都市部でも個人経営の「○○クリニック」や「○○医院」などと名売っている診療所では、慢性的に薬剤師が不足しており、極めて少ない人数で業務を回しているところもあります。そういった診療所では、随時薬剤師を募集していますので、よほどの事がない限りは、ほぼ確実に採用されるはずです。また、このような規模の小さな診療所では、せっかく確保した貴重な薬剤師に辞められたくないという思いがあるので、常勤であれ非常勤であれ、雇用形態に限らず報酬が高い傾向にあります。

一般的に診療所の薬剤師の求人倍率は、規模が大きくて比較的地域でも名が知られているところは倍率がやや高く、個人経営などの規模が小さい診療所ほど倍率が低くなる傾向にあります。ただ、給与などの待遇は倍率とは逆に、規模の小さな診療所の方が高く、仕事も忙しいといえます。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.