診療所薬剤師の配置基準は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の配置基準は?

診療所薬剤師の配置基準は?

薬剤師は病院や診療所といった医療機関だけでなく、独立行政法人や一般企業、ドラッグストアなど様々な業界から求人のニーズがあります。相対的に人材不足といわれている職種でもあり、一般的な会社で働く事務職や営業職に比べると平均年収の高い傾向にあります。そんな薬剤師の転職先として診療所に高い人気が集まります。大病院だと、人間関係が複雑だったり、業務内容が色々と多かったりするのですが、その点、診療所は病院に比べると規模が小さいわけですから少ないスタッフ数で良好な人間関係を維持しながら業務をこなしていくという風潮があります。医師を筆頭に看護師や薬剤師、その他のスタッフがみんな円満な人間関係を構築するように意識している職場だといえます。

診療所は病院に比べると規模が小さくなりますから、薬剤師の配属基準も病院とはかなり異なっています。病院薬剤師の人員配置基準は、外来の場合は、処方せん75枚に1人、入院の場合では、精神病床と療養病床が入院患者150人に対して1人、それ以外の一般病床・感染病床・結核病床の場合は、入院患者70人に対して1人などといったように患者数に対して明確な配属基準が定められています。その一方で、診療所の場合は、医師が常に3名以上で勤務している所では、専属の薬剤師を置く必要がありますが、通常、診療所では、病院薬剤師の人員配置標準に関する規定はないことになっています。「ただし書き」において「病院又は診療所所在地の都道府県知事の許可を受けた場合は、この限りではない。」とされております。

医療法における「ただし書き」では、病院等の診療科目によっては、投薬の機会が比較的少なく、また、調剤の内容が単純であるものが多いので、例外として、都道府県知事の許可を受けた場合には、専属の薬剤師を置かなくてもよいとしています。例えば、耳鼻咽頭科、眼科、整形外科などの単科の病院がこれに該当する場合があると考えらます。「ただし書き」では、この許可を与えるに当たっては、当該病院等における調剤数やその標榜する診療科名等を考慮し、総合的に判断することが必要である。」と説明されています。

このようなことから、診療所における薬剤師は、医師が3人以下の小規模のところでは設置義務がないわけです。しかし、都市部の規模の大きい診療所や地方に存在している規模の小さい地域密着型の診療所では、それぞれ異なる事情から調剤機能も備えていることが多いです。そのため、薬剤師を設置していることがほとんどであり、薬剤師の求人も随時行われています。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.