診療所薬剤師の企業以外で働く場合は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の企業以外で働く場合は?

診療所薬剤師の企業以外で働く場合は?

診療所薬剤師の求人案件の中には、企業で働く場合と企業以外で働く場合の大きく2つに分けられます。企業で働く場合とは、主に大企業の自社ビルや大手企業がたくさん入っているオフィスビル内にあり、企業の従業員の患者さんの処方箋を基に調剤を行なう事が主な業務内容になりますが、企業以外で働く場合は、学校や役所などの公的機関内というのが考えられます。

企業以外で働く診療所の薬剤師の業務内容も、一般的な診療所での業務と大きく変わりはありません。薬剤師としての職務ですから、調剤業務がメインの仕事となります。あとは、診療所内の薬品管理をしたり、定期的に薬を取りにくる人の調剤はもちろんですが、コミュニケーションを取ったり、服用の仕方などの説明やアドバイスなどをすることも重要なことです。特に大きな大学や専門学校などに並立されている診療所では、意外に多くの学生が頻繁に診療所に訪れます。そして、診察を受けて、何らかの薬が出されることがほとんどなので、これらの薬の調剤や患者への説明なども当然仕事として発生してきます。特に大学や専門学校などの診療所では、一般的な診療所とは異なって、十代、二十代の若い人ばかりが訪れます。したがって、こうした若い人達と、薬の服用の説明や相談への対応などで日常的に接触する機会も増えます。

また、官公庁や日本各地に存在する公的機関内にも診療所が設けられている場合があります。場所によっては、専属診療所となっていて医師や看護師をはじめ、薬剤師も国家公務員としての立場で雇われるという雇用形態もあります。似たような例で独立行政法人の薬剤師というのがあります。大学病院などで働く薬剤師の中には、国家公務員という位置づけである場合もあるのです。しかし、大半は国家公務員としてではなく、官営の診療所に常勤または非常勤の薬剤師という立場で勤務することになります。

このように診療所薬剤師といっても様々な勤務先が候補として存在するのです。診療所というと規模の小さな地域密着型の医療機関をイメージするわけですが、それだけが診療所ではないという事です。診療所への転職を考える場合、今挙げたような診療所も選択肢の一つとして仕事を探してみるのも良いでしょう。薬剤師の転職希望者を対象にした専門の求人情報サイトが存在します。こうしたサイトに登録しておけば、いつでも気軽に求人情報を探すことができ、自分が希望する条件の案件に絞って情報を閲覧できるので大変便利です。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.