診療所薬剤師の志望動機は?

診療所薬剤師求人TOP >> FAQ >> 診療所薬剤師の志望動機は?

診療所薬剤師の志望動機は?

薬剤師の転職先の一つに診療所が挙げられますが、転職活動をする場合、履歴書に記載したり、面接で発言を求めらたりすることに志望動機があります。これは、薬剤師としての心構えや仕事に対する思い、さらには、なぜ診療所を転職先として希望しているのかを明確にしていないとなかなか答えられないものです。薬剤師に限らず、どのような職業でもこの志望動機というものを採用する側はかなり重視します。ただなんとなく仕事が欲しいから応募したとか、給料などの条件が良いから応募したといった人を採用側は積極的に欲しい人材とは思わないはずです。あなたにそのような気持ちが無くても、面接で志望動機をはっきりと自分の言葉で言う事が出来ないと不審に思われてしまいます。ですから、なぜ診療所薬剤師を志望するのかをしっかりと言えるようにしておかなくてはならないのです。

診療所の薬剤師の志望動機としては、病院やドラッグストア、調剤薬局とは異なる視点で薬剤師という業務をとらえていることをアピールすることが重要です。診療所は病院よりも規模が小さいことが多いですが、地域に根付いているアットホームな医療機関だといえます。診療所の近くに住んでいるお年寄りなどがかかりつけの医療機関としていることが少なくありません。ですから、志望動機では、地元の地域医療に携わり薬剤師としての力を精一杯発揮し貢献していきたいという熱い想いを伝える必要があります。

また、具体的な診療所内での薬剤師の業務にも触れて、調剤、服薬指導だけではなくてICT、緩和などの他の職種とのチーム医療との連携を取りながら薬剤師としての自分の職能を発揮していきたいと考えていることも表現することが大切です。つまり、薬剤師は単に調剤をミスなく的確にできればよいわけではなく、医師の処方箋に疑問があったら、それを医師のプライドを傷つけることなく指摘して質問できる祐樹や責任感、さらには、看護師なども含めた医療スタッフとコミュニケーションを取ることも重要なことです。

また、薬を患者に出す際には、服用の仕方などの説明を適切に分かりやすくすることも必要であり、対人関係におけるコミュニケーション能力も求められています。このように、薬剤師には、診療所内の他の医療スタッフや患者とのコミュニケーションも重要であることから、自分が人とのコミュニケーション能力があり、また人と接触してコミュニケーションを取ることが好きだという事も志望動機としてアピールすることが望ましいです。

診療所薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 診療所の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.